上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
おかげさまで、今年も決勝T進出決めました~


090809yng01

柳、実戦譜より・・・

pokeの放った究極の絶妙手は???
まぁ指したのはpokeだが実際はottotto君の読み筋ですw

090809yng03

答え じっと▲45歩・・・


これは凄い手でしょ。
当日の真夜中とか嬉しくてこの将棋、何度も並べましたが・・・
並べるたびにこの手の素晴らしさがわかります。
(私、6秒で指しちゃったけど3分くらい考えてる振りすればよかったw)

意味的には27の地点への角の利きを遮断しているのだが。
その代償として・・・
飛車筋止めてせっかくできたと金も見捨てて取れる銀も取らないで・・・
しかも歩切れになるこの手。 (おっと君、最悪やんw)

でも最高の手でした・・・

またこの手に秘められたメッセージが本譜の進行の明確な方針としてあり
実戦でも私はかなり上手く指せました。

Pokeの読み筋は・・・

▲22角成△27角成▲同金△同飛車成▲28歩(▲18角)

で駒得の上に馬・・で▲優勢との読みでしたが・・・
まぁ優勢ではあるとは思いますが次の△38金(下図)が勝負手


090809yng02

結局、飛車(龍)はただでは死なない形・・・
△駒損ひどいですが美濃囲いは健在で王様がなかなか固い。
また桂馬香は拾えそうな形。
▲は馬の利きが頼もしいものの壁銀であり王手がかかりやすい形。

つまりここまでの展開を読んだ上での▲45歩だったわけなんですね。
同じ意味で▲45銀もありますが・・・
△65角とされ結局、38の金が狙われてしまいます。

(深すぎるwww)

特にottotto君が口癖のように言う・・・

 『 王 手 が か か る 形 ・・・(かかりにくい形)』 

の価値を再認識できました。
また本譜の私の指し手は一貫してこの言葉に沿ったものです。

49手目▲78玉とか53手目▲88香とか・・・



本局を迎えるにあたってはみんな、色々と頑張りました。
相手の棋譜を研究(石田流+穴熊)して急遽、okadamaさんを1将に据えて右四間講座。
作戦変更を悟られないようにokadamaさんはR戦であえて四間飛車採用しカモフラージュ。
キャプテンの体を張った献身・・・策士おかだまWWW
(とか言いつつ本人、四間飛車楽しんでる気がするが・・・)
まぁ急戦だと2将の重要度が増すので怖い面もあったのですが・・・
完璧な指示・・・(▲45歩)

まぁまだまだ負けるつもりは無いですがとりあえず決勝T進出嬉しいです。
(わたし、予選2回戦でアホなことしちゃったしね)



柳 in 2009 予選3回戦 対 でこふれオールスターズさん 戦




2009.08.12 Wed l l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

絶妙の手
1歩があるのなら26歩として飛車で取ったら28歩と受けたら、と金が残り銀取りも残りますが如何ですか。
2009.09.07 Mon l ちっち. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuyupocket.blog95.fc2.com/tb.php/80-9ba3c45c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。