上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
柳 2009 予選第1局^^ 熱戦譜
 




pokeのピンポイント終盤術  


7/7 友遊でのリレーより^^
 



99手目の局面について研究する。

090720yuyu01


あまりいろいろと詰め込んでも仕方ないので私なりにテーマを絞って取り上げます。
ちなみにリレーのBチームは・・・

ぽけ→わんぱく→えいちゃん→おかだま・・・

pointは・・・

玉を下段に落として上から押さえつける

とにかく王様を下に・・・落とすことが大事。
本譜で4将のおかだまさんは作戦室で
『上部脱出だけ注意して!!!』
と指示されてましたよね。
たぶんその指示が脳裏に浮かんでの▲35角だと思います。
ただここは発想を変えて・・・

上部脱出させない ⇒ 王様を下段に落としちゃうお~

と言う感覚が大事だと思う。
(対語として『中段玉、寄せ難し・・・』、受ける(逃げる)側は中段に^^)



終盤は駒の損得より速度(スピード)

おかだまさんは手厚い棋風なので(私と逆w)ここの感覚は苦手???
極論すれば
『終盤は駒損しろ!!!』でいいと思う。笑
もちろん、ただ捨てするのでなく見返りがあればねw
見返りは相手の王様~♪



取れる位置に相手の駒を呼ぶ捨て駒

これは詰め将棋とかで必須の手筋。
結構、ここの感覚、身に着けるの大変かな?
私もここ1年くらいでなんとか身に着けた感じです。
『損して得を取れ!!!』
単なる数の攻めは数の受けでそれなりに対応されてしまう。
やはり『はがす』感覚は大事だと思う。

またたとえ自分の『馬』『竜』であっても・・・
相手に渡れば守備駒としてはあまり使い勝手のよくない『角』『飛車』でしかない。
(攻め駒としては強力だが・・・)
寄せのでは相手陣、飛車角より守りの『金』を狙うのが常道。
まぁ昨日のおかだまさんの『△78角成』の感覚だね


言葉にするのは簡単だけど実戦で普通に指すのは意外と抜けたりする。
ここら徹底的に意識して模範的な棋譜、変化等取り上げる予定。

まぁあくまでもpoke感覚ですけどね^^

では本譜の寄せの1例として・・・

▲23銀△同桂▲31角 としてみてはどうか???

090720yuyu02

▲23銀と先に捨てることにより31に空間を空けてそこに角を打ち込み王様を下段に。
△同玉と取らせてから▲23歩成・・・
(自玉は絶対に詰まない形なのでかなり乱暴な捨て駒ができる。)
まぁここでは自玉うんぬんでなく・・・

下段に落として上からカナ駒で押さえつける感覚が大事。

多少、変化の余地もあるし最善かは別として・・・
このようなパターンの寄せを題材として取り上げます^^

090720yuyu03

ちなみに▲23歩成は・・・
次の▲43桂馬『金頭桂』以下の詰めろ。
早逃げしてもと金いっぱいできそうで寄り形ですね^^




羽生善治の終盤術2より・・・
 


棋譜はここクリックしても見れる

とても勉強になる棋譜だと思います。
必ず盤に並べるように^^




2009.05.05 Tue l l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

記事見ました
丁寧な解説が付いていてとてもびっくりです。

『終盤術』ですかぁ。
感覚を身につけるのもとても大変です。
ぽけさんが1年・・・とすると、
僕の場合5年以上かかるかもしれません(汗

長くなってしまいましたが、
これからもお互いに、同じチームとして頑張りましょう♪
2009.07.20 Mon l まこ. URL l 編集
ども^^
先日(リレー)はお疲れ様でした~v-10
練習不足気味だったけど最高のスタート切れたね。
できるだけ長~くチーム柳で指したいね。
頑張ろう~v-221
まぁリレーも大事だけどこれを機会にチームメイトの棋力upも・・・

>>ぽけさんが1年・・・とすると、
>>僕の場合5年以上かかるかもしれません(汗

柔らか頭のまこちんなら3日でOKだしょ^^
私は体に染み込ませてさらに理論付けしないと無理なんだよね。
(もう脳みそ固まっててv-12)
基礎的な話しが多くなるけど読んでね。
(基礎が大事と思ってるwwwスラムダンクi-27世代)

poke
2009.07.21 Tue l ぽけ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuyupocket.blog95.fc2.com/tb.php/72-e2c0d488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。