上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
第三回分の講義録です。

だいぶ中飛車の流れが掴めてきたのではないでしょうか???
前回はゴキゲン中飛車のスピーディーで攻撃的な動きに、居飛車がほんろうされました。
今回からゴキゲンに対する居飛車側の対策を見て行きます。
今日は中飛車の5筋位取りに対する居飛車の急戦策です。


○5筋の威力ふたたび(対居飛車穴熊)


「位」を安定させる事が戦わずして負ける事を意味する事は、今まで述べてきました。
5筋の位はとても強力で、居飛穴相手であっても、組ませて何ら不満はありません。
中飛車側は藤井システムのように急戦を仕掛けるわけではありません。
「位」の威力を背景に落ち着いて指して模様をよくしていきます。
4筋の攻めを見せて、ゆさぶりをかけます。
これも定番。 跳ねた桂馬を目標に居飛車穴熊側は押さえ込まれています。
それだけでなく、金銀が中央で分断されています
これでは居飛車穴熊側は戦いきれません。


○居飛車二枚銀急戦策


中飛車が5筋の位を取ったら、居飛車はその位に対して速やかにアクションを
起こさねばなりません。 盤中央の「制空権」を取り返すのです。
典型的な進行としては、居飛車側は二枚の銀をすばやく繰り出して、
右銀で中飛車側の守りの薄い3三の角の頭にはたらきかけて、
角の利きを弱まらせることで、左銀との連携で5五の位を奪い返しに行きます。

この戦型は中飛車側も弱気は禁物で、居飛車の急戦が怖いからと、角道を止めた
り角頭を守ろうとするとかえって居飛車の攻めを浴びることになります。
この角道を止めて、△4三銀で角頭を守る指し方は先手の▲4六銀をけん制する
意味があります。
ここで△4五歩の反発。ここで銀が引くのでは何をしているか分からない。
強く▲同銀、ここで△4二角が狙いの手。
次に△3三桂で銀の捕獲や△6四角で飛車のコビン攻めを狙います。
局面が収まるのであれば、後で5筋の位が生きる展開になり中飛車不満はありません。
昔の定跡書ではこのような進行があるので
「後手満足のわかれ」
・・・というなつかしい時代もありました。
居飛車はこの変化に飛び込みます。
ここで強く▲4六歩。銀にヒモをつけるのです。
銀桂交換上等の構え一例ですが、ここで銀を捕獲しに行くと・・・
この桂跳ねが銀を取って、かつ飛車当たりで気持ちよさそうに見えますが・・・
中飛車側の玉形が不安定なうちに戦いに持ち込まれてしまいました。
他の変化でも居飛車が強気に来ると、玉の囲いに手をかけていないのがたたります。
これというのも・・・
「5筋に手をかけて」
かつ
「角道を止めて角頭を守ること」
に手を費やしてしまったからです。
結局、居飛車の急戦に対して、攻めと守りの両方がちぐはぐになってしまいました。
今度は角道は開けたままで、角頭は守りません。
ノーガードで△6五銀。「怖い」という感覚がマヒしてしまいそうです。
くどいようですが、ここで△4四歩としてもいいことはありません。
△4四角のかわりに△5一角でも▲3五銀でおさえこまれます。
△6五銀には7筋の歩を守って▲7七銀。
ここで先手に攻めがないのを見越して後手は玉を囲いにいきます。
ここで▲6六銀のぶつけには△7六銀とかわします。
△6六同銀と取るのは、このあと5筋のさばきを封じられたとき次に角頭を攻められる
ので、中飛車側から少し強引に動いてみても正確に応じられると反動が来ます。
7六の歩を取られた代わりに、居飛車も懸案の5五の歩を取りました。
さらに3四の歩のおいしそうなごちそうがありますが・・・
△9五歩からの端攻めや、△7三角の筋もあって、3四の歩は
「エサ」
だったようです。ゴキゲンらしいワナです。
居飛車も3四のエサに飛びつかずぐっとこらえると、難しい局面です。

では今度は▲4七銀型を見ます。
先の▲3七銀型とくらべて中央を厚く、右桂の応援も繰り出そうとします。
離れ駒の多い△8二玉の瞬間に先手は動き出します
ここで飛車を引く手もありそうですが、強気に横歩を取ってみます。
この手が成立すればゴキゲン恐れるに足らず・・・。
いろいろ手は尽くしてみたものの飛車はさばきましたが、歩切れに終わりました。
無理筋だったようです。


○居飛車の工夫▲2五歩保留型


▲4七銀型も▲3七銀型も、有利不利は別にしてあまり冴えない結果でした。
急戦で自玉を薄くして攻めに行く以上、もっと攻めの効果がないと実戦では勝ちにくいです。
相手の玉は1路深くて、堅い美濃囲いで守られているのですから・・・。

そこで居飛車も工夫します。
先の▲4七銀型で飛車先の▲2五歩を後回しにするのです。
居飛車なのに振り飛車相手に飛車先の歩を2五に突かないのです。
どういう意味かといいますと、このほうが後手は左銀の使い方に少し苦労するのです。
▲2五歩型のときのように左銀を上がったら、居飛車は指をくわえて見ていてはいけません。
すかさず▲5六歩!後手の角は浮き駒です。
これは後手の形が重すぎます。
中飛車側は左銀を5四の地点にいち早く繰り出したいのですが△3三角を省いて左銀を上がることはできません。
居飛車は2筋の攻めを一手遅らせるのと、中飛車側が左銀を中央に活用する一手の取り引きで、どちらに分があるかということです。

初めて聞く人は驚くかもしれませんが、この場合居飛車は▲3六歩を突きません。
3六は銀の通り道なのです。
2筋から攻めこむことよりもまず、中飛車側の角をどかして中央の制空権を奪い返すのが先決でしかも2五歩を後回しにしていれば銀が4五と2五の2通りに進出することができて攻め筋が広いのです。
そして戦いを起こせるメドがついた時点で2五歩を決めればいいという考え方です。

居飛車はセオリー通り二枚の銀で盤中央の制空権を奪い返しに行きます。
△4四歩で受かればいいのですが、すかさず▲6六銀と出られて5五の歩を守りきれません。
何度もいいますが、【ゴキゲンでは角頭を守りません】。
普通の5筋位取り中飛車はおさえこみに主眼を置きますが居飛車の急戦策にはいつでも△5六歩と突いて飛車角の利きを通します。
さばきモードにシフトチェンジできるのが柔軟です。
中飛車側は1歩損して、次に角頭を攻められるので後手不利(?)との結論も一時期言われました。
森内対羽生の名人戦で同様の局面が出て、これが決定版かとも言われたのですが先週少しやりましたように、この銀ぶつけでゴキゲンも指せます。
1歩損でも駒の勢いに差がありますし、玉形の堅さの差もあります。
ゴキゲン側が注意するべき点は、こちらの角筋がそれたときに先手で▲6八銀と引いて陣形を引き締めつつ、角道を開ける手を指させないことです。
居飛車は4七の金でガッチリ中央をガードしているので、ここからはバランスを考えながら玉形を整えてカウンターを狙います。
ざっと局面を進めてみます。
居飛車もじっとしていると、振り飛車側に△7四歩~△7三桂の理想形を許すので3筋から攻めます。
振り飛車らしく左の香車を上がって角のラインを死守。
角打ちでピンチに見えますが狙っていたカウンターが入ります。
振り飛車側はこの金に狙いをつけるのが、いいカウンターです。

佐藤二冠はさらに工夫を見せます。
これも先週紹介しました33期棋王戦の第4局▲佐藤康△羽生戦です。
▲7七銀と上がらなくても、押さえ込みが成立しているのであれば、居飛車にとってこれほど好都合なことはありません。

しかし実戦的には、おさえこむほうは大変で、持ち時間の短い将棋ではとくに勝ちきることの難しさから、この戦型を居飛車はあまり選ばなくなりました。
現在はワクチンと言われる、角を交換して5筋を争点にしない指し方が主流になっています。


○力戦志向の△4二金


中飛車側は左銀を中央に使おうとすると、△3三角の一手が要るので出足が遅いです。
かわりに左金を使う力強い指し方を見てみます。
こうしてピッタリ金の応援が間に合います。
居飛車は金銀交換には持ち込めますが・・・
金銀交換の影響があるので、普通に△5六歩からはさばけません。
ここでじっと△3二銀と力をためる。
ここで中飛車側は盤面を制圧しに行きます。

△6五歩▲7七銀△4二角

居飛車は金銀交換はしたものの、5筋の位の威力に対抗するほどではありません。
こうした力強い指し方は現代では鈴木八段が昔だと大内九段の得意な指し回しです。

居飛車はいろいろ指しましたが、苦労の多い展開です。

2008.06.27 Fri l 木曜・集中・中飛車学概論 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuyupocket.blog95.fc2.com/tb.php/12-aaf67a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。